« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

義父の病院

ちょっと育児と義父の事でバタバタしていて更新が滞っていましたが、今日は久しぶりにアルツハイマー型認知症についてのお話しです。 ご興味のある方はぜひのぞいて行ってくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

義父は1カ月に1度、認知症の薬(アリセプトなど)や精神安定剤、血圧の薬などをもらいに通院しています。 

自分が認知症であるという事がわかっていない義父。 そして、私たち家族も義父には傷つくのでは?という思いもあり認知症であるということを教えていません。  義父の実母も同じ病気だったので結末というか、どうなるかというのを知っている義父。 それに加え、病気になるずうと前の昔から自分の気に入らない事に対して怒りっぽい性格なので、病院選びはとても慎重にならないといけません。

高齢化が進んで介護などが話題に上りやすいせいか、よくテレビなんかで認知症の特集や老人ホームを題材にしたドキュメントなどをみると「人間ボケたらおしまいだな~。 こんな風になったら死んだほうがマシだよな~。 そう思わない??」と、他人事のように口にする義父。

そんな義父がいつもお世話になっている病院は物忘れ外来とか認知症を専門的に見てくれる病院ではなく、脳神経外科。内科や整形外科が一緒になっている地域密着型の小さな個人病院。  本当は専門病院などで診てもらいのだが義父は絶対に嫌がって認知症であるという事を受け入れてくれないだろう。 だからこの小さな町医者をかかりつけにしている。  

この病院を選んだ利点として、足を捻挫した人や風邪をひいた人などが一緒に出入りしているので義父もCTを撮ろうがちょっとした認知症にかかわる質問などがあっても気にせずに受診してくれている。  認知症というとどうしても痴呆外来や精神科などを紹介されたりしがちだが、この病院のドクターは(院長)総合病院の物忘れ外来出身のドクターなので色々な認知症患者もたくさん診てきているとても信用できるドクター。

さてさて。 すっかりと前置きが長くなってしまいましたが、ここからが今日の本題。

なんと! そのさんざん義父がお世話になっているその病院が。。。。

院長が病に倒れてしまいしばらくの間、診療は出来ないというではないか!! 

看護師さんや受付さんの話によると代診のドクターをそのもともといた病院から派遣してもらうらしいのだが、おそらく若手のドクターが来るだろうという事。 院長は復帰のメドもたたないという。  

義父が若いドクターの言う事を聞くとは思えない。 間違いなく「あんたみたいに若いアルバイトみたいなドクターには診てもらいたくない」と大変失礼なことを本人に言ってしまうだろう。。。

主人とも話し合って、とりあえず今度の木曜日に薬をもらいに受診する日なので様子を見て転院するかどうかを決めたいと思います。  認知症というのは記憶の病気。 きっと今まで診てもらっていた院長の顔も何も覚えてはいないだろう。 家に帰ってくる頃には受診した事も忘れているだろうから、月に一度ならもしかしたら若いドクターでもなんとかなるのではという期待もあります。

いつもは私が義父を病院へ連れて行っていたけれど、新型インフルエンザも流行っているので生後一カ月の赤ちゃんを連れてはいけない。  そして、母乳をあげている以上薬も飲めないので私も注意が必要。  木曜日は主人が連れて行ってくれる事になっているけれど、どうなることやら。。。

病院でどんな会話がくりひろげられるのかちょっとドキドキしてる私です。

デイサービスでこの間、昼食後に血圧が200を超えたとの報告もあり(この日のおやつは塩せんべいでした)、おそらく血圧の薬も増えるのではと予想しています。  薬が変わったりしたらまたブログにてアップしたいと思います。

まずは何事もなく木曜日の病院が過ぎますようにと願うばかりです。。。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へにほんブログ村

ランキングに参加しています! 今日は義父の事。アルツハイマー型認知症と簡単料理に登録していますのでポチリと応援よろしくお願いいたします(*^。^*)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

♪おまけ♪

Dvc00022_2Dvc00023_2Dvc00020

いつも熟睡の可愛い我が子♪♪  腕がだいぶムチムチしてきました(^^♪  枕よりも小さいのでまるでぬいぐるみのようにベッドでお昼寝中(*^_^*)

良く寝る子なので私は睡眠不足とは今のところ無縁で、夜中も主人が仕事へ行くころに一度の授乳で済み、朝までぐっすりと寝てくれています☆  寝る子は育つというけれど、これから先も何事もなくスクスク育ってほしいと願うばかりです♪♪   

いつも最後まで読んでくださってありがとうございます<(_ _)> 

| | コメント (12) | トラックバック (5)

お母さんごはん2

今日はお母さんごはん第2段☆  私が退院してから一緒に作ったものや、教えてもらったものをご紹介したいと思います(^^♪

ではさっそく♪

12

マグロとサーモンのチラシ寿司♪ ちょうど生後1週間目の「命名式」の時にいただいたもの。 ご主人様と母が買い出しに行った時に(お酒やらケーキやら)、お祝い事だしチラシ寿司でもしようか。。。となったようです。 母いわく三つ葉を買い忘れたらしいのですがとっても美味しかったです(*^。^*)

2枚目は手羽先とじゃがいもの煮物。 コチラは鹿児島らしい甘い味付けにしてもらいました。 東京の人などはビックリするのですが、鹿児島のお料理ってなんでもすっごく甘いんですよ☆  とくにお醤油系のものが。 でも懐かしい味が食べたくて甘~い煮物を作ってもらいました(^^♪

3_24

3枚目は義父が好きなブリ大根♪ 先ほど甘い煮物と言いましたがコチラは義父のリクエストなので私と一緒に作り、東京らしいちょっと濃いめ(しょっぱい)味付けにしました。 母は「辛すぎるんじゃない?」と言いましたが義父が大絶賛(^^♪  血圧が気になるところですがあっという間になくなってました♪

4枚目はチキンカツ☆  ご主人様用デス(^^♪  ビールのおつまみ兼おかずと言ったところでしょうか。 コンビニにいつものように買い出しに行った母ですが、この日は鶏胸肉しか店頭になかったようです。 でもね、胸肉とは思えないくらいシットリジューシー♪  味付けは塩コショウだけと言っていましたがとても美味しかったデス(*^^)v

5  最後の5枚目。

コチラは私が母に教えてもらいたくてメモをとりながら一緒に作った鯵の梅煮♪

本当はイワシの梅煮が世間一般ではポピュラーなんですが、イワシは骨がとりにくく目の悪い義父にはイワシは食べさせたくないので「アジ」に代用して教えてもらいました(^^♪

アジはスーパーで3枚にしてもらった切り身で、調味料は梅、薄口しょうゆ、お砂糖、みりん、料理酒、臭み消しようの生姜ひとかけのみ。

ポイントは先に全部の調味料をお鍋に合わせておいてから、アジを入れ、「2,3分サッと火を通す」で終わり。後は自然と冷めるまで放置デス☆  

煮込んでいないので煮崩れることなくふっくらしっとりした鯵の切り身に、ほんのりした梅の味と香りがごはんにとっても合う一品。  3枚におろしてある切り身なので骨を気にすることなくパクパク食べる事ができます(*^^)v

サッと煮て放置するだけなのにめっちゃ美味しくて、倍量作ればよかったなって思うくらいで、我が家の定番料理にしよう♪♪ って母に伝えました(^^♪

前回の記事にも書きましたが、自由の利かないキッチンでしかもスーパーへも行けない母。 あるもので作らなければならない状況の中、本当に美味しいお料理をたくさんいただく事が出来ました。  やっぱりお母さんにはかなわない。 教えてもらいたい事も山ほどでした。   お母さん、本当にありがとう<(_ _)>

にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へにほんブログ村  にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村

ランキングに参加しています!  前回に引き続きお母さんごはんですが、簡単料理と認知症に登録していますのでポチリと応援よろしくお願いいたしますヽ(^o^)丿

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます<(_ _)>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »